通信学校に通ってみて|通信講座でセラピストの資格を取得しよう|将来性のある資格

通信講座でセラピストの資格を取得しよう|将来性のある資格

女の人

通信学校に通ってみて

マウスを操作する人

自分のペースでできる

学校は毎日通うものというのは昔の話です。今では通信教育で高校や大学に行くことができます。私自身も高校は通信教育でした。通信教育のメリットは自分のやりたい時間に勉強ができることです。なので働きながら学校に行きたい方に向いています。実際に私が通信高校に通ってたときは10代から70代まで幅広い年齢の方が在籍していました。なかには子持ちの主婦の方もいますし、学校によっては託児所がある所もあります。仕事をしている方や子持ちの女性は毎日学校に通うことは難しいです。しかし通信教育なら学校に通うのは週に1回ほどで、後は家でレポートをするだけなので時間がない方でも大丈夫なんです。私も仕事をしながら通信教育を受けていましたが、毎日学校へ行くわけではないので苦痛ではありませんでした。

全て自己責任

通信教育で高校・大学を卒業するときに一番必要なのはやる気です。勉強をしたいというやる気と卒業したいという強い気持ちがなによりも大切になります。通信教育を受ける学生のなかには「高校に行きたくないから通信にいく」という方や「毎日学校に通いたくない」という方が結構います。そういう方は通信教育を卒業することは難しいと思います。通信教育は「楽そう」というイメージがありますが、そんなことはあまりません。卒業するまでの4年間、自分の意思でしっかりレポートをやり続けて週に1回学校に通うことができる方だけが卒業できます。通信教育と普通の学校の違いは全て自己責任ということです。レポートができないからといって先生から呼び出されることはありませんし、学校に行かなくても怒られません。なぜなら卒業ができなくてもそれは自分の責任だからです。だからこそ勉強したい気持ちと卒業したい気持ちがなければ続けることができません。